面白いを求めて|アニメ・漫画・ゲーム

アニメや漫画、ゲームのブログ。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第6話「地獄風景」感想・評価【2015年夏アニメ】

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第6話「地獄風景」の感想記事です。ネタバレにご注意を。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第6話「地獄風景」のあらすじ

その日、アケチ探偵事務所の軒先に子猫が捨てられていました。普段人間には心を開かないコバヤシ少年ですが、この子猫のことは好きになりました。ところが、家主であるアケチ探偵の方は猫アレルギーだったのです。コバヤシ少年が渋々子猫を捨てに行こうとすると、今度は縛られた影男が捨てられていました。なんと彼の体には時限爆弾が括りつけられていたのです。果たしてコバヤシ少年たちは子猫と影男を見捨てずに助けることができるのでしょうか?あるいは、助けないのでしょうか?更にあろうことか、今度はアケチの子供だと書き置きされた赤ん坊までもが、軒先に捨てられているではありませんか?一体アケチ探偵事務所に何が起こっているのでしょうか?

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082654j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082658j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082705j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082710j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082714j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150807082724j:plain

ネットの反応