面白いを求めて|アニメ・漫画・ゲーム

アニメや漫画、ゲームのブログ。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第7話「パノラマ島綺譚(前編)」感想・評価【2015年夏アニメ】

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第7話「パノラマ島綺譚(前編)」の感想記事です。ネタバレにご注意を。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』第7話「パノラマ島綺譚(前編)」のあらすじ

それは男の夢だったのかもしれません。世の全ての男の夢をカタチにした芸術的理想、究極のテーマパーク……パノラマ島。
大リゾート地として開発が進むこの施設で、新たなに十面相による殺人が行われました。
殺されたのは、事業主とアートディレクター。黒蜥蜴の情報によると、事業主達は相当にたちが悪い工事計画を進めており、恨まれるのは当然のようです。容疑者は無数、アケチ探偵とコバヤシ少年は果たして犯人を見つけることができるのでしょうか?
そして、どうしてアケチ探偵はに二十面相事件になると、ここまで頑なになるのでしょうか?彼は全ての二十面相を狩るつもりなのでしょうか?

f:id:kaikotatsuyaga:20150814070323j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150814070330j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150814070336j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150814070345j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150814070351j:plain

ネットの反応