面白いを求めて|アニメ・漫画・ゲーム

アニメや漫画、ゲームのブログ。

幼女戦記【アニメ海外の反応・感想】

幼女戦記

関連の海外の反応まとめ

【おたはん!】

幼女戦記 第1話「ラインの悪魔」海外の反応

幼女戦記 第2話「プロローグ」海外の反応

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」海外の反応

幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」海外の反応

幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」海外の反応

幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」海外の反応

幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」海外の反応

幼女戦記 第8話「火の試練」海外の反応

幼女戦記 第9話「前進準備」海外の反応

幼女戦記 第10話「勝利への道」海外の反応

幼女戦記 第11話「抵抗者」海外の反応

幼女戦記 第12話「勝利の使い方」海外の反応

 

【!!翻訳注意報!!】

幼女戦記 第1話「ラインの悪魔」海外の感想

幼女戦記 第2話「プロローグ」海外の感想

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」海外の感想

幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」海外の感想

幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」海外の感想

幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」海外の感想

幼女戦記 第6.5話「戦況報告」海外の感想

幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」海外の感想

幼女戦記 第8話「火の試練」海外の感想

幼女戦記 第9話「前進準備」海外の感想

幼女戦記 第10話「勝利への道」海外の感想

幼女戦記 第11話「抵抗者」海外の感想

幼女戦記 第12話「勝利の使い方」海外の感想

 

【さくらささくら】

幼女戦記 第2話「プロローグ」海外の反応

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」海外の反応

幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」海外の反応

幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」海外の反応

幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」海外の反応

幼女戦記 第6.5話「戦況報告」海外の反応

幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」海外の反応

幼女戦記 第8話「火の試練」海外の反応

幼女戦記 第9話「前進準備」海外の反応

幼女戦記 第10話「勝利への道」海外の反応

幼女戦記 第11話「抵抗者」海外の反応

幼女戦記 第12話「勝利の使い方」海外の反応

 

【大陸の人々】

幼女戦記 第1話「ラインの悪魔」中国の反応

幼女戦記 第2話「プロローグ」中国の反応

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」中国の反応

幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」中国の反応

幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」中国の反応

幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」中国の反応

幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」中国の反応

幼女戦記 第8話「火の試練」中国の反応

幼女戦記 第9話「前進準備」中国の反応

幼女戦記 第10話「勝利への道」中国の反応

幼女戦記 第11話「抵抗者」中国の反応

幼女戦記 第12話「勝利の使い方」中国の反応

 

【その他】

幼女戦記ターニャのねんどろいどを見た外国人の反応

アニメ海外の反応: 【海外の反応】幼女戦記見始めたけど面白いじゃん

海外の反応「「幼女戦記」は分割2クールの可能性アリ!?」 - !!翻訳注意報!!

海外の反応「幼女戦記のターニャ・フォン・デグレチャフって男の娘なの?」 | 海外のリアクション

海外「間違いなく今年最高のアニメ!」アニメ・幼女戦記が面白いと海外で大絶賛【海外の反応】 | 翻訳の森

お茶妖精:海外アニメファン「幼女戦記の主人公はサイコパスとみなしていいの?」

海外「今シーズンイチオシ」あのアニメの主題歌が海外で大好評 : かっとびジャパン - 海外の反応 -

海外の反応「Crunchyrollの「幼女戦記」海外配信が不備により遅れているらしい...」 - !!翻訳注意報!!

来週の幼女戦記は6.5話(総集編)の放送が決定→海外「これは存在Xの仕業だ!」

海外の反応「「幼女戦記」ってアニメが人気らしいけど面白いの?」 - !!翻訳注意報!!

「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む : 「幼女戦記」に対する中国オタクの反応

 

幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース)

幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース)

 

あらすじ

統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、
部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は
何事もなく無事に終わるはずだった。

しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。
戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、
協商連合軍による奇襲が発生し、
ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、
しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。
何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、
ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

“其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”