面白いを求めて|アニメ・漫画・ゲーム

アニメや漫画、ゲームのブログ。

新作アニメ『うしおととら』第1話「うしおとらとであうの縁」感想・評価

『うしおととら』第1話「うしおとらとであうの縁」の感想記事です。ネタバレにご注意を。

『うしおととら』のあらすじ

中学生の少年・蒼月潮は、寺の住職をつとめる父親と二人暮らし。ある日、彼は自宅にある蔵の地下室でとんでもないものと出会ってしまう。それははるか昔、凶悪なバケモノとして民に恐れられ、「獣の槍」によって五百年間も封じ込められていた大妖怪であった!槍を引き抜いてしまった潮はあわや妖怪に食われかかるが、同時に眠りから目覚めた「獣の槍」の力によって変身し、妖気に群がってきた他の妖怪たちをあっという間に撃破する。槍の威力を恐れて思わず協力してしまった大妖怪は、潮に「とら」と名付けられ、行動を共にすることに。かくして「獣の槍」の伝承者となってしまった少年と、いつか彼を食ってやろうとつけ狙う大妖怪の“うしとら”コンビが誕生したのだった。そして襲いくる妖怪どもを次々と蹴散らしていく彼らは世界の存亡をかけた壮大な戦いに巻き込まれていく・・

『うしおととら』第1話「うしおとらとであうの縁」のあらすじ

中学生の少年、蒼月潮は寺の住職である父紫暮と二人暮らし。
ある日、紫暮に命じられるまま自宅の蔵を整理していた潮は、地下室でとんでもないモノを見つけてしまう。それは、遥けき彼方より民に恐れられ、蔵の中で500年もの間封じ込められていたという大妖怪とその腕に突き立てられた"獣の槍"と呼ばれた霊槍だった。
やがて不気味に、そして静かにバケモノが潮へ語りかける。
「この槍を抜きな、小僧…」

f:id:kaikotatsuyaga:20150704091904j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704091909j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704091914j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704091918j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704091922j:plain

ネットの反応