面白いを求めて|アニメ・漫画・ゲーム

アニメや漫画、ゲームのブログ。

新作アニメ『Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)』第1話「遅れてきた転校生」感想・評価

『Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)』第1話「遅れてきた転校生」の感想記事です。ネタバレにご注意を。

『Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)』のあらすじ

火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、
航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。

この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の
担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。

物語はこのA-TECに転校生・霧羽ナギサがやってくることから始まる。
創業者一族の名を冠するこの男は、先行技術開発部部長に就任するやいなや、A-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する。
それを防ぐには今まで湯水のように使ってきた予算を節約し、開発コストを大幅に削減しなければならない……。
今まで目を逸らし続けていた現実をつきつけられたカイトは、果たしてA-TECの危機を乗り切ることができるのか。
そして霧羽ナギサの真の目的とは――。

『Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)』第1話「遅れてきた転校生」のあらすじ

新たな仲間を迎えようとする、ある日のA-TEC。しかし、火星へ向かう途上で転校生が誘拐されてしまう事件が発生。この難局を乗り切れるのは自分たちだけだと判断した室長の瀬良カイトは、A-TECのメンバーたちと共に前代未聞の救出作戦に乗り出す。
しかし、遂に姿を現した転校生・霧羽ナギサの正体は、実は自分たちの上司だった。ナギサはA-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する――。

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071151j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071159j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071204j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071209j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071214j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071220j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071225j:plain

f:id:kaikotatsuyaga:20150704071229j:plain

ネットの反応

物語の舞台や設定は大体分かったが、2話以降どうなるかちょっと想像できんな。

とりあえず思ったのは、学園かサラリーマンどっちか絞ること出来なかったのかね。なんかもうどっちも中途半端な感じになる予感しかしないなぁ。